【第1199号】年末年始だからといって特別なことをする必要はない

リフレーミング
この記事は約2分で読めます。

年末年始の過ごし方というのはその人の個性が出やすいです。

慌ただしく仕事納めをし、

遠くまで帰省をし、

慌ただしく年賀状を出し、

大晦日を過ごし、

初詣に行き、

……

などなどやることが多い人もいることでしょう。

このような定型的なイベントを楽しく過ごせる人もいれば、

「周りに気を使って合わせているけれども、実は本心では年末年始のイベントはあまり好きではない」

という人もいます。

このような人は、「義務感」で「毎年当たり前だとされていることをこなす」ということを続けているので、

気が付くと、

「なんだか疲れたけれど、いつの間にかお正月が終わってしまった」

と感じて、

「なんだか疲れが取れるどころかむしろより疲れたけれども、明日から年明けの仕事だ」

と毎年のように感じている人もいるかもしれません。

そう、その年の暦にもよりますが、

「年末年始にまともにイベントを過ごそうとするとかなり疲れてしまう」

とか

「むしろ、年末年始にやるべきとされるイベントをこなすと疲労困憊となってしまう」

という人も実は世の中には結構います。

もちろん、体力のある人は年末年始のイベントをすべて難なくこなし、気持ちの良い新年を迎えるのかもしれませんが、

「そこまでの体力がない」

という自覚のある人は、

「年末年始だからといって実は特別なことをする必要はない」

ということに気付くことができると、年末年始の過ごし方が一気に変わるかもしれません。

最近は個人主義の人も増えてきたので、

「年末年始だからといって、特別な過ごし方をしない」

という人も増えてきています。

別に年賀状も出さないし、

帰省もしないし、

初詣にも行かないし、

といった方々です。

もちろん、このようなイベントを過ごすことによって得られるとか維持できる人間関係も存在するかもしれませんが、

それ以上に「毎回疲労困憊となってしまう」「年末年始を過ごすとむしろ疲れてしまう」と感じる人は年末年始の過ごし方を再考してみてもいいかもしれません。

「年末年始には○○をしなければいけない、するべきだ」

というのはあなた自身が持つ固定観念でしかない可能性があるのです。

年末年始だからといって特別なことをする必要はない

のです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました