【第1359号】今日の事だけを考えるか、明日のことも考えるか、●年後のことも考えるか

リフレーミング
この記事は約2分で読めます。

何か問題や課題に直面した時、その物事を考えるときに意識したいことは、

「どこまで先のことを考えるのか」

という

When

すなわち、

時点の問題です。

例えば、

「これが今日のあなたの課題です」

とポンっと課題を差し出された時、

目の前のことだけを見ている人は、

「取り敢えず、この課題さえ乗り切ればよい」

と考えて、

取り敢えず、その場では、その課題そのもののみを解決しようとします。

しかし、今日の事のみならず、明日の事、少し先の未来のことも考えられる人は、

「この課題をクリアしたら、次に同じような課題が来た時にはもっと早くクリアできるようにしよう」

と考えて、

ただ、目の前の課題をクリアするのみならず、

類似問題が発生した時にどうするべきか、対応策を考えることでしょう。

例えば、

1+1=

2+1=

といった計算問題が出された時に、

「次は、3+1= という問題が来てもおかしくない」

と考えて、予め、それを想定した対策を打つことが可能なのです。

これに加えて、例えば、

「●年後には、この課題を部下や後輩にもできてもらえるようにするためにはどのような手段で、どのような説明を彼らにするのが望ましいのだろうか。資料とかを残しておいた方が良いのだろうか。」

と未来の状況を考えられる人は、

目の前の課題に対する解決策のみならず、未来において生じる問題をもその時に解決策を見出すことが可能になるのですね。

このようなことが少しずつ積み重なっていくと、段々未来が変わっていきます。

すなわち、

問題が実際に発生する前に何らかの解決策が既に用意されている状態

になっているのです。

急に遠い未来のことまで考えるのは大変ですから、まずは、

明日の事

を考えることが良いでしょう。

明日何が起こることが確定していて、そのために何を準備するべきか、考えるのです。

例えば、

明日は早く起きなければいけない用事がある

のであれば、たとえ、まだ起きていたい気分であっても、

「今日は早めに寝た方が良さそう」

といったことが考えられるわけですね。

少しずつ、視点を未来まで持っていけるようになることが重要です。

これができるようになるたびに、あなたの未来は少しずつ好転していくのです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人6年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万7500円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング時間管理未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました