【第556号】設定した目標の達成率が90%を超えたら考えるべきこと

意思決定基準

例えば、あなたが

「今年の年末までに100万円を貯金しよう!」

という目標を立てたとしましょう。

実際には、このような目標を達成するのは難しいと感じる人と極めて簡単だと感じる人に分かれると感じると思います。

そして、実際に取り組んでみて、

「あれ、このまま進んでいったら年末までに100万円を貯金するという目標は普通に達成できそうだな」

と感じたとしましょう。

例えば、それがその年の3月の時点であっても、公務員を始めとした比較的安定した勤め先などから安定した給与が出ている人であればその年の1月からその年の12月まで毎月84000円ずつ貯金することができそうな目途が立ちやすいと思われます。

そのような人の場合、もはや3月の時点で

「あれ、このまま進んでいったら年末までに100万円を貯金するという目標は普通に達成できそうだな」

と感じるはずです。

実際には人生何が起こるのかはわからないので何ともコメントしがたいところはあるのですが、高い確率でその人は目標を達成できるでしょう。

本人の頭の中では

90%以上

ともいえるべき確率のイメージがすでに出来上がっていることでしょう。

要は、

普通にしていたら上手くいくだろう

と感じる状態ですね。

ここまで来たら

新しい目標を設定する作業を始めるべき

です。

何故ならば、その既存の目標に対する情熱が薄れてしまうため、気持ちが下がりやすいから、ですね。

とはいえ、

じゃあ、単純に目標を上方修正して、

「今年の年末までに200万円を貯金しよう!」

としても、上手くいくのかと言われればそうとは限りません。

現実的な問題として、給与の部分、収入の部分を上手く動かせない人はこのような目標を立てたとしても、

「どうせ、今年はもう昇給しそうにないしな……」

と萎えてしまいます。

むしろ、

「やったことはないけれども、副業を始めてみよう」

とか

「今よりも待遇の良いところに転職できないか探してみよう」

という目標を立ててみた方が良いかもしれません。

もしくは全く別ジャンルとして、

「取り敢えず、弓道を始めてみよう」

といったことでもよいかもしれません。

いずれにせよ、

既存に設定された目標の達成率が既に90%を超えたと感じた際には、その時点で全く新しい目標を考えてみる

と良いでしょう。

これによって、

目標の設定→目標に向かって努力→目標の達成

という

ワクワク感

が常に継続することにつながります。

こうすると、

常に人生がワクワクする

という状態に入ることができます。

このような状態こそ幸せと感じる人もいるのではないでしょうか。

世の中には

燃え尽き症候群

と呼ばれる状態になってしまって

一時的に無気力

になってしまうひともいるかもしれません。

しかし、

既存に設定された目標の達成率が既に90%を超えたと感じた際には、その時点で全く新しい目標を考えてみる

という試みを続けているだけで

これは回避することが可能なのです。

そして、これによって、

常に人生がワクワクする

という状態になることが可能なのです。

こうすることによって、

常に楽しめる人生

を送ることができるようになります。

そのような人生に憧れを抱いている人は

ぜひとも

既存に設定された目標の達成率が既に90%を超えたと感じた際には、その時点で全く新しい目標を考えてみる

という試みを続けてみるとよいでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社→外資系に転職し年棒UP
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。

普段は①個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)で、
②音声通話によるコンサルティング2時間枠ごとに89,800円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
twitterの表示
意思決定基準未分類自己実現、幸せ
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み