【第733号】自分の心の容量(キャパシティ)を見つめる

リフレーミング

これは、

真面目な人

熱心な人

責任感が強い人

によくありがちですが、

今やりたいこと

将来やりたいこと

今やらないといけないこと

将来に向けてやらなければいけないこと

が積みあがりすぎて、

それが心の負担につながっており、

鬱っぽい症状に襲われる場合があるようです。

例えば、ふと、

今から10年後はどうなんだろう?

とか

30年後はどうなっているんだろう?

などということを考えたり、想像したりすることは良いことですが、

【第726号】一日10分、10年後の未来を考える習慣があるだけで差がつく
あなたの身の回りの人の中で、「そんなに前の段階でそんな計画を立てていたのか!」と感じるような長期的な視点を持つ人はいるでしょうか?人というのは、なかなか意識しないと長期的な視点を持って物を考えることが難しい...

しかし、それについてあまりにも真面目に考えすぎるがゆえに、

あれもやりたい

これもやらなきゃ

といったことに思考が占拠され、

自分の心の容量をあふれ出てしまう

といったことになってしまうこともあるようです。

将来に対して強い不安感を抱いている人も似たような症状に悩まされやすいところがあるようです。

このような人は真面目過ぎるがゆえに、

今はどうするべきか、

でも、将来に向かってこれもやらないといけない……

などといったことを頭の中であれこれ考えすぎてしまうがゆえに、

自分の心の容量を突破してしまう

わけです。

このようなことにならないようにするためにも、

自分の心の容量を見つめることが重要でしょう。

そして、

将来に向かってやらなければいけないといったタスクを取り敢えず端において置き、

まずは、絶対に今やらないとまずいことに集中することが重要になります。

色々なことを考えていると、

すべての物事になんとか手を付けたくなってしまいますが、

自分の心の容量というのは限られています。

それを無理やり動かそうとすると、それは容量の足りないコンピューターを無理やり動かしているのと似たような状態になるので、早晩無理がたたります。

まずは、

自分の心の容量を見つめて、

絶対に今やらないとまずいことに集中するようにしましょう。

自分の心の容量(キャパシティ)を見つめ、無理のない範囲で行きましょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社→外資系に転職し年棒UP
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。

普段は①個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)で、
②音声通話によるコンサルティング2時間枠ごとに89,800円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み