【第828号】部屋の床の上に物が放置されていませんか?

未分類
Processed with VSCO with f1 preset
この記事は約3分で読めます。

片付けは大事!

とよく言われますよね。

そして、

「気が向いたらやらなきゃ」

ということも多くの人も感じています。

しかし、なかなか実行に移せない、という人も多いジャンルです。

あるいは、

「昔は片付けなんて余裕だと思っていたけれど最近はあんまりできていない」

という人もいることでしょう。

基本的に、忙しくなったり、調子が悪くなってくると、片づけはどんどん疎かになりがちなので、

片づけが上手くできているか否か、というのはその人の調子の良し悪しを計る絶好のバロメーターにもなっています。

このバロメーターのうちの一つに、

「床の上にどのぐらい物が置いてあるか?」

というのがあります。

多くの物というのは、部屋の床に上に直接置くことを想定されている物よりも、それ以外の場所に置くべきものとされている物と言えるでしょう。

例えば、机やベッドなどは床の上に直接置かれることが想定されている物だと言えるでしょうが、一方で、筆記用具や本、などといった特に小物類は床に直接置かれていることは想定されていないのではないでしょうか?

そのような本来床に置くべきではないが床に置かれてしまっている物の数があなたの今の状態を端的に示しているかもしれません。

例えば、

床の上に積み重なったまま放置されている本はないでしょうか?

例えば、

ゴミ出しにするべきなのになかなか行けずに放置されたままのゴミ袋があったりしないでしょうか?

本来床に置くべきではないが床に置かれてしまっている物というのは、あなたがそこまで必要性を感じてない物でもありますし、大事に扱っていない物でもあります。

例えば、大切な思い出の品や、大事にしたいアクセサリーなど、埃をかぶるとあなたが困ると感じるようなものは床に放置などしないはずです。

「別に捨てても構わないと思われるけれども、捨てる作業がめんどくさいし、そのうち使うこともあるかもしれないし何とも言えない」

といった絶妙なポジションの物が床に放置されているのではないでしょうか?

要は、

なんとなく放置されている、

なんとなく先送りしてしまっている、

という判断の数が、あなたの床の上に存在する物の数でもあります。

床の上に物を放置していると、掃除機などをかけることが困難になるため、上手く掃除をすることもできません。

したがって、このような判断を先送りしていると、年末の大掃除の時点まで結局何もしないことになります。

「まだ片付けていないので、掃除をするのは後にしよう」

と考えやすくなるのですね。

こうやっていろいろな物事が後回しにされていきます。

片付けの能力と先送りの癖というのは大きな関係があります。

あなたの部屋の床の上に物が放置されていませんか?

定期的にチェックをしてみると良いでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人3期目)。
投資歴6年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overの企業へ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み