【第903号】着手がいつまでもできないことによる先送り癖はAIの導入により改善可能

未分類
この記事は約4分で読めます。

多くの人が直面する問題の一つに、やりたいことや必要なことがあるにも関わらず、着手することができずに先送りしてしまうことがあります。

このような行動は、時間的、精神的、そして結果的にストレスを引き起こすことがあります。

しかし、AI技術を活用することでこの問題をある程度解決できる可能性があります。

そもそも、先送り問題には、さまざまな原因があります。

たとえば、タスクの大きさや複雑さ、やる気の低下、時間管理の難しさなどが挙げられます。

特に、着手をするにあたって

「なんだか、めんどくさい……」

というネガティブな感情がある場合、どんどん先送りしやすい傾向にあります。

また、タスクが自分にとって特に詳しくない場合、興味深くない場合、先送りしてしまうことがあります。

先送り問題に陥ることは、誰にでも起こりうることであり、実効的な対策を考えること必要です。

一方で、AIは継続的に作業を継続することができ、繰り返しの作業にも適しています。

このため、AIを活用することで、時間的に余裕のある状態で面倒で単調な作業を予め指示して進めることができ、根深い先送り問題を解決することが可能となるでしょう。

AIを活用するためには、以下のポイントに留意する必要があります。

  • タスクを細分化する 大きなタスクを小さなタスクに分割し、優先順位をつけることが重要です。これにより、タスクをより管理しやすくなります。
  • AIにタスクを割り当てる タスクをリストアップしたら、AIに割り当てます。AIは、タスクを自動的に実行ます。
  • 進捗状況を確認する AIがタスクを実行している間は、進捗状況を確認することが重要です。これにより、作業がスムーズに進んでいるかどうかを確認できます。

着手がいつまでもできないことによる先送り問題は、多くの人にとってストレスの原因となります。

その一方で、人間は、一度作業を開始するとスムーズに進められることが多いという特性があります。

原稿でもレジュメでも、

書き始める前は

「めんどくさいな……」

などと感じがちですが、

一度作業を開始してしまうとどんどん筆が進むということはよくあります。

また、十分ではないにしろ、下書き、ドラフトが存在する場合は、それを修正することから始めることができるため、一から書かなければいけない場合よりも精神的負担が軽くなります。AIはこのような「光速ドラフト」を用意することも可能です。

AIを活用することで、タスクを割り当てることができ、一度作業を着手することで作業をスムーズに進めることができます。これにより、面倒な着手のストレスを軽減することができます。

また、AI技術を活用することで、面倒なことも多い作業をより楽しく、効率的に行うことができます。

graph TD A[先送り問題] --> B[AIを活用することで解決可能] B --> C[タスクを細分化し優先順位をつける] B --> D[AIにタスクを割り当てる] B --> E[進捗状況を確認する]

先送り問題は、AIを活用することである程度解決できます。

タスクを細分化し、優先順位をつけることでタスクを管理しやすくなり、AIにタスクを割り当てることで、繰り返しの作業にも適したAIがタスクを自動的に実行することが可能です。

AI技術を活用することで、より効率的かつストレスの少ない作業環境を実現することによって面倒な着手の問題も解消しやすくなることでしょう。

そして、面倒な着手の問題が少しずつ解消していくのと同時にあなたの先送り癖も徐々に改善されていくことでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
未分類習慣
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました