それって自分にとって本当に必要?~隣の芝生に惑わされない~

意思決定基準

お金、人間関係、経験、スキル、社会的地位、高級な物……

世の中には色々な物がありますよね。

しかし、すべてを手に入れることを考えてしまうとどう考えても自分のリソースが足りていないという事態になりかねません。

時折すべてを手に入れている人もいるかもしれませんが、ほとんどの人はそうではないでしょう。

そうなると、どうしても、

自分にはないが他人にはあるもの

を見ると羨ましいと感じてしまいがちです。

隣の芝生は青く見える

ということですね。

しかし、そもそもその隣の芝生って自分にとって必要な物なのでしょうか?

例えば、今現在5億円ほどの金融資産を保有している人がいます。

その人がある時10億円ほどの金融資産を保有している人ををみかけてしまったとき、

「自分の2倍も金融資産があるんだ……羨ましい」

とか

「自分は5億円も持っていると思ってて愉快な気分だったけれども負けた気分……」

と感じることがあるかもしれません。

もしかしたら、その人は自分も10億円を手に入れてその人に勝ちたいと願ってそのための努力を続けるかもしれませんね。

しかし、当然ながらそのような目標を一瞬で達成できることはかなり難しく、何をするにしてもある程度の時間を費やすことになります。

時間を費やすということはすなわち自分の寿命を削ってその目標を達成することでもあります。

その人が頑張って働いたりして、数年の間に5億円の金融資産から10億円の金融資産を手に入れることができるかもしれません。

しかし、その頃にはもともと最初に10億円を持っていた人がさらに稼いで20億円の金融資産を手に入れることができているかもしれないんですよね。

自分が時間をかけて努力をしている間、10億円をすでに保有している人の時間が止まっているということは当然ないのですから、このような結果が出てしまうことは十分にあり得ます。

特に資産形成といわれる分野ではもともとの資産が大きい人の方が圧倒的に有利なので、勝ちたい相手がいた場合、資産額が少ない人はリスクを大幅にとるしかありません。

例えば、レバレッジ型の金融商品があるため、それを利用するなどの方法がありますね。

しかし、リスクを大幅にとっているがゆえにある時大暴落などが起こった際には一気に賭けた分のお金が減るので、場合によっては精神的にショックを受けるどころかそのまま退場することにつながります。

そして、そこまでリスクを取って10億円を手に入れたところで、自分が勝ちたい相手はよりリスクの低い方法で悠々と20億円を手に入れている可能性があるわけです。

とすると、そもそもその人に勝ちたいだとか自分も10億円ほしいという気持ちのために大きなリスクをとったり、自分の寿命を削る必要が本当にあるのでしょうか?という話になってきます。

よくよく考えるとその人にとっては手元の金融資産の額を増やすことではなく家族と過ごす時間が大切であったり、他のことに挑戦することの方が大事だったのかもしれないですよね。

よほど支出の予定があって、5億円の資金しか手元にないというのではとてもではないが足りないという事情がある場合を除いてそのような人はリスクの低い資産運用だけでも十分生きていけるのではないでしょうか?

とすると、その人が5億円から10億円まで金融資産を伸ばすことに向けて努力することは、

時間の無駄だった

という事態になる可能性も十分にあります。

もちろん、数字が多ければ多いほど安心感は得られるかもしれませんね。

しかし、そこまでする必要が本当にあるのか?

その隣の芝生は自分が必要としているものなのだろうか?

ということを落ち着いて考えることが重要なのだと思います。

資産運用においても「やはり最低1億円ぐらいは欲しい」と考える人は多いと思います。

しかし、そこまで本当に必要なのでしょうか?

1億円が推奨されている理由って何でしょうか?

家族構成は?

ライフプランは?

他の収入源はあるの?

自分はこのジャンルの物はこの程度欲しいと思っている、と自問自答を続けている人は

自分よりも一見凄そうに見える人が突然現れても

「あの人と自分は方針が違うから」

と冷静に受け止めることができます。

自分の芯のようなものが強ければ隣の芝生にも惑わされなくなるのです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社→外資系に転職し年棒UP
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。

普段は①個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)で、
②音声通話によるコンサルティング2時間枠ごとに89,800円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
twitterの表示
意思決定基準時間管理未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み