自分の講演を音源化することに対するプレッシャー

アート

ブログという自分の思想や価値観などの表現行為の場もあれば、

youtubeのように動画を作成した上でそれをアップロードするという表現行為の場もあれば、

noteという形で表現行為をする場合など色々な方法が現代にはあります。

その中でも、ひときわ、

自分の講演の記録をそのまま録画してそれをそのままデータとして公開するという方法を選択することは私の中ではかなりのプレッシャーがあると感じます。

まず、ブログは事前に落ち着いて編集をしてから公開することも可能で、かつ、後々の修正も容易です。

これは、noteなどもそうで、かなり精度が上がって来たのを確認してリリースすることが可能です。

youtubeの動画も、撮影に失敗したとしても、最悪都合の悪い部分は編集して動画をアップロードすることができます。

しかし、講演を録画する場合はなかなかそうはいきません。

まず、講演を開催している以上、リアルタイムの聞き手が存在します。

リアルタイムの聞き手がいる以上、その聞き手がきいてわかるようにしなければいけないため、本番においては失敗が許されません。

加えて、リアルタイムの聞き手が存在する場合、どうしても質問タイムを用意せざるを得ないため、質問に対してリアルタイムで答えることができるようにあらかじめ準備しなければいけません。

しかも、このような高いプレッシャーのある場面を全て録画された上で、後日に「これが講演の内容でした」とアップロードされることになるのですから、カットなどはともかく事後的な露骨な編集なども全く想定されていません。

このように考えると、ウェビナーを開催して喋っている人というのは、とんでもないプレッシャーの下でやっているのだということがよくわかります。

正直、私の場合はそもそも人前に出るのがかなり苦手なので、凄いなと感じます。

しかし、情報の受け手から見て、この中でもっとも情報として価値が大きいのは、ほとんど無編集で出さざるを得ない講演録であることは間違いないと感じています。

というのも、失敗が基本的に許されないという場面は、逆に言えば、講演の演者の色んな場面での実力が露わになるからです。

講演の内容自体のクオリティももちろん求められますが、

それ以外にも、その人の見た目などもそうですし、身振り手振りも見られますし、

声のトーンや抑揚も見られますし

アクシデントが起こった際の突発的な反応や対応力も見られます。

しかし、ブログなどのように究極的には本人が書いたのかゴーストライターが書いたのかも不明な物の場合、編集も容易であることを考えると、その人自身の実力がそこからなかなか側から見て評価しにくい場合もあると思います。

1人の個人として適切に他人に評価されたいともし感じるのであれば、やはり、難易度の高いウェビナーや講演に挑戦するべきということなのかもしれないですね。

まずは、難易度の低い表現行為や取り組みに挑戦してみて、

感触を掴んだらレベルアップしていくのも良いかもしれないですね。

別にレベルアップとかそんなものには興味がないという人の場合は、自分に合った難易度の表現方法を選択するのが良いのだと思います。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人3年目。都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社し社畜化。
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
2020年7月金融資産2000万円を達成。
2021年4月金融資産3000万円を達成。

普段は個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき11万円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
アート
mikimikiをフォローする
INTJ型20代女性「美紀」が経済的自由を目指すブログ/Blog of an INTJ-type woman in her 20s, Miki, aiming for financial freedom.

コメント

タイトルとURLをコピーしました