【第1029号】「面倒なこと」をやるために「やらないとさらに面倒になる」仕掛けが有効

システム構築
この記事は約2分で読めます。

日々発生するタスクの中で、

「簡単にはできるけれども、面倒だからいつまでも結局やっていない」

といったことはないでしょうか?

例えば、

「コンビニに行ってちょっといつもと違う物を買わないといけなくなった」

といった些細なレベルであっても、

「いや、そんなの簡単にできるやん?」

と感じる人もいれば、

「簡単にはできるけれども、なんとなく面倒だから結局やっていないなあ」

と感じる人もいます。

人間はいつもと同じ行動を繰り返すのは無意識のうちに簡単にできますが、

ちょっと違う行動をしなければならないというだけで、

「なんとなく面倒」

「怠い」

という気持ちになってしまい、

そのまま

ズルズルと

「いつのまにかやっていなかった」

ということになりかねません。

このような

「ちょっと面倒」

ということは

非常に些末なことであったりして、

「わざわざやらないといけないほどではなさそう」

と頭が勝手に判断して、

結果的に体が全く動かない……

ということも起こり得ます。

このような時には、

タスクを小さく分解する

ということも重要で、

小タスク1を今日やって、残りの小タスク2は明日以降やろう

といった形で少しずつ前へ進めることも重要ですが、

「やらないとさらに面倒になる」

という状況まで自分を追い込んでしまうことも重要でしょう。

いつもあなたが使っている場所に違和感を感じる物を置く

といった形も有効でしょうし、

「何か処理しないと違和感を感じてしまう」

という特殊な状況を自分自身で創ってしまって、自分自身に警報を鳴らすといった方法も実は有効だったりします。

「面倒なこと」をやるために「やらないとさらに面倒になる」仕掛け

を使いこなせるようになると、

面倒なタスクに取り組みやすくなります。

世の中には、

「取り敢えずやればなんとかなる」

というものは意外と多かったりするため、

最初のハードルを越えやすい状況を創ることが何よりも重要です。

このような方法論を自分自身の中でストックしておくと、

急な用事であっても

「面倒だな」

と思いつつも、

何とか対応する

ということがやりやすくなってくるでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
システム構築未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました