【第620号】20代は自分という資本の「仕込み」の時期

未分類
この記事は約4分で読めます。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」

と言われることがあります。

この場合の苦労というのは色んな場合があると思われますし、

「俺が苦労したのだからお前もやれ。そうでなければ俺の気が済まない。」

と言わんばかりの年長者によるただの苦労の押し付けの場合もあれば、

完全に善意からのアドバイスの場合もあり得るでしょう。

しかし、もし「欲しい結果」があるのであればそれは早めに苦労してでもゲットしにいくというのは個人的には大事なことだと考えています。

【第619号】「欲しい結果」があるのならばたとえ困難な道でも進むべき
「迷った時は困難な道を選べ」という言葉があります。この言葉を肯定的にとらえて積極的...

そして、この

「欲しい結果」

が非常に希少で、獲得のために多大な苦労を伴う物であって、かつ時間がかかるものであればあるほど、

その結果の価値は非常に高いものとなるでしょう。

例えば、その

「欲しい結果」

高収入

だった場合、

高収入を得られるだけの自分の能力やスキル、商品開発などに非常に時間がかかります。

もしかしたら、高収入を特定の勤め先で手に入れるためには前提としての高学歴が要求されるかもしれません。

高学歴という長い時間をかけないと作れない物を前提・構成要素として、

その人の労働力を労働力商品として高収入を得られる勤め先に対して自らを売却するということを行っている人は大勢います。

勤め先から収入を得るためには労働力商品の売却を成功させることが必要であって、

それができて初めて

ある程度の高収入

という「欲しい結果」を得ることができる、

ということがあります。

この場合の「欲しい結果」に対してやるべきことは、

勉強を頑張ることであったり、

面倒でも就活を頑張ることになりそうですね。

このような苦労を早めに買うことができる人というのは、「欲しい結果」をより早い段階で手に入れることができるわけです。

もちろん、苦労をしている間というのは苦しいです。

特に何も結果が出なくとも頑張るしかありません。

しかし、この苦労こそが「仕込み」の時期となり、

結果的に成果を上げることになるのです。

そして、

この「欲しい結果」の中身について、

より高い目標を掲げている人というのは、

若いうち、例えば20代においては

「今は仕込みの時期である」

と割り切っています。

すなわち、人生全体で見た場合に、

自分という資本を最大化させるために、20代は「仕込み」の時期として「欲しい結果」のために努力を重ねているということになります。

実際のところ、

「仕込み」の時期には特に面白いことはないかもしれません。

「仕込み」の時期には目に見える成果が特に出ないかもしれません。

「仕込み」の時期には苦労ばかりすることになり苦しい思いをするかもしれません。

しかし、それは後において何らかの形で報われることでしょう。

何故ならば、その「仕込み」は「欲しい結果」のために必要な努力だからです。

適切なタイミングで「仕込み」を行うことができれば、

未来の自分がきっと喜んでくれるでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました